8月18,19日・高大連携授業(CADによるものづくり/ソフトウェア開発)を実施しました。

秋田職業能力開発短期大学校

8月18,19日・高大連携授業(CADによるものづくり/ソフトウェア開発)を実施しました。

秋田県内の大学・短大が連携する「大学コンソーシアムあきた」が実施する平成23年度の高大連携授業が実施がされました。8月18日・19日には以下のコースが実施され多数の高校生の皆様に参加いただきました。
(開催コース)
生産技術科:「CADによるものづくりを体験しよう!!」
−簡単なマニュピレータの設計・製作によるものづくりの体験−
電子情報技術科:「ソフトウェア開発のしくみ」
−プログラミングをしてロボットを動かそう−
CAD(Solidworks)を用いて、ロボットアームを設計したり、2輪走行をするロボットのプログラムを行ったり普段できない経験ができたのではないでしょうか。かなり本格的な内容でしたが短期間にそれができるようになるなんてすごいです。この「自分もできるかもしれない」という気持ちを今後の学生生活、進路選択の際に思い出していただけるといいなと思います。今回残念ながら参加できなかった皆様、様々な授業を実施していきますので次回ぜひ参加してみてください。

リンク

秋田職業能力開発短期大学校HP

資料

<<前のページに戻る

  • 単位互換授業
  • 高大連携授業
  • 各大学イベント
  • TEL018-825-5455

    FAX018-836-5388

    〒010-0001 秋田市中通2丁目1-51 明徳館ビル2階

    主催者はこちらへ

    利用者はこちらへ

  • 構成機関ONLY

ページの先頭へ